とっとり夢街コンサート2013野外編
湖山池・青島「水辺のコンサート」写真集
2013.9.22
(クリックで大きくなります)

photo-1.jpg青島大橋を渡ると前方左に会場が見えてきます。

photo-2.jpg1時間も前の開場時間にはもう長蛇の列が。

photo-3.jpg午後4時半に開場しました。

photo-4.jpg土手通路から水辺の広場にはここから降ります。親子連れが多いですね。

photo-5.jpg会場のベンチ席が徐々に埋まっていきます。

photo-6.jpg開演10分前には、いっぱいのお客さんで埋まりました。

photo-7.jpg西の空には夕日が。刻一刻と変化する湖面の移ろいに趣があります。

photo-8.jpg午後5時半、定刻にコンサートがスタート。

photo-9.jpg背景が水面って最高のロケーションです。

photo-10.jpgステージのすぐ後ろは湖面だ。くれぐれも落ちないように。

photo-11.jpg水辺ギリギリに立つ桜の木も背景に利用。四月だったら夜桜コンサートになるかも。

photo-12.jpgご機嫌な笑顔、ウインドシンセサイザー山添裕美。

photo-13.jpgたくさんの方のご来場に、思わず笑みの指揮者Boss。

photo-14.jpgピアノは山根舞衣子。パーカッションの西墻藤男は歌っているわけではありません。

photo-15.jpg風に立つ男三人衆。ギター田貝隆、サックス山添智史、ヴァイオリン久保田昌平。

photo-16.jpg闘魂のベースマン中原利浩。

photo-17.jpg若さが弾(はじ)ける、跳ねるピアニスト山根舞衣子。

photo-18.jpg渋さが漂うギタリスト田貝隆。

photo-19.jpg池に飛び込む準備は万端、ハイテンションなキーボード北村昌子。

photo-20.jpgお客さんに湖山池のウンチクを傾けるBoss。「実は、みなさんの足元30cm下は水なんです・・・」とかなんとか言って脅かしてみる。案外そうかも。

photo-21.jpg湖山池クイズ第一弾。正解のご家族に緑化フェア優待券をプレゼント。会場から「いいなー」のどよめき。

photo-22.jpg青島に突如現れたヴィーナス、ソプラノ寺内智子さん。

photo-23.jpg寺内智子さんの笑顔が素敵です。

photo-56.jpg次世代の夢街を担う男、サックス山添智史。

photo-25.jpgノリと凛々しさの両面を持ち合わせるヴァイオリニスト久保田昌平氏。

photo-26.jpgムーディーな技巧派トランペッター田中みつとし氏。

photo-57.jpgソプラノサックス山添智史とヴァイオリン久保田昌平の絶妙デュエット。

photo-27.jpgお祭り大好きな「逢鷲太鼓連」と共に、レーザー光がいよいよ登場。

photo-28.jpgすっかり日が落ちた青島に、勇壮な和太鼓の音が響く。

photo-29.jpg一打入魂、心意気。

photo-30.jpg

photo-31.jpg

photo-32.jpg

photo-33.jpg女性和太鼓メンバーも負けじと凜!

photo-34.jpg鳥取市出身で、この日のために大阪から帰ってきてくれました。シンガーソングライター、種まきピアニストりほ♪さん。オーラがあります。

photo-35.jpg沖縄音楽に傾倒している種まきピアニストりほ♪さんと「花〜すべての人の心に花を〜」をコラボ。青島が一瞬沖縄になった。「アイヤー、アイヤー」

photo-36.jpg幻想の世界へと誘う。そこはもう異次元。

photo-58.jpg音と光と青島の自然との融合に、観客も時を忘れる。

photo-37.jpg青島の夜にオペラの歌声が響く。

photo-38.jpg鳥取の音楽シーンはシャロームがぶっちぎりで引っ張る。大阪から来ていた音楽関係者から絶賛の声が届いた。

photo-39.jpgソプラノ寺内智子さんのオペラ「トスカ」が湖面に響く。2km先の湖岸に歌声が届いたとか。おそるべし。

photo-40.jpgステージから見る対岸の風景。青島大橋にキャンドルの灯火が見えます。

photo-41.jpgコンサートのクライマックスは、やはりこの人だ、山添裕美。

photo-42.jpg静かな男がギターで燃え出す、田貝隆。

photo-43.jpgかわいい姿からは想像もできないくらいの好奇心旺盛な情熱家、ピアニスト山根舞衣子。

photo-44.jpgいよいよこの人もキーボードをショルダーに持ち替えての参入。

photo-45.jpgナイーブな心とハイテンションな情熱が魅力、ショルダーキーボード北村昌子。

photo-46.jpgスモークの中でテンション爆発、ウインドシンセサイザー山添裕美。

photo-47.jpg客席はもう真っ暗でお客さんの顔は見えません。ただただ大きな手拍子がステージに届きます。

photo-48.jpgラストはお祭り大好きな逢鷲太鼓連と「響宴(まつり)を競演。

photo-49.jpg華麗なソプラニストと女流太鼓が一体となる。夢街コンサートならではのショット。

photo-50.jpg気迫最高潮。太鼓連の木製バットのバチも一本折れてしまったとか。

photo-51.jpg圧巻は、バンドと和太鼓のコラボにレーザー光線が絡み合う。野外でしか実現出来ない最高のシーン。これぞ夢見た企画。

photo-52.jpg2時間半のコンサート、出演者とお客さんの心に大きな感動を残して無事終了。

photo-53.jpg余韻の中、お客さんが会場を後にします。

photo-54.jpg帰りの青島大橋からは、湖面に月明かりを落とす光景が見られました。

photo-55.jpg終演後の対岸から見る青島の会場遠景。夜の青島に灯りが点るのは、この先いつのことになるのだろうか。「青島」ありがとう。